保険内診療について

健康保険治療はスポーツ中や日常生活中に起きたケガや痛みの治療に対し適用します。

発症から3週間以内で明確な原因のあるもの(いつ・どこで・何をしていて・どうなった)に限られますので、ご自身の症状が適用かどうか分からない場合は、お気軽にご相談ください。

※急性期から慢性期に移行したもの(負傷日より3ヶ月を超える)は保険適応できません(保険治療適用外の例:慢性的な肩こり、疲労性腰痛、慰安的なマッサージ)。

骨折・脱臼のリハビリ

次のような場合は健康保険が使えます

骨折・脱臼のリハビリには医師の同意が必要になります。

診療時間や待ち時間の長さ、場所などで整形外科や病院に通院しづらい方も、担当医師の同意(接骨院で超音波治療などを受けて良いか?)をいただければ当院での治療が受けられます。

特にギプスなどの固定具が除去された後の拘縮後療(リハビリ)などは頻繁に施術を受ける必要があるため、通いやすい環境の接骨院がオススメです。

保険内診療のご案内

適用症状の例

捻挫、肉離れ、打撲、骨折、脱臼、小児肘内障(肘の脱臼)、

ケガをして身体を痛めた、ぎっくり腰、首の寝違い・筋違い、

急性の関節痛(首、肩、腰、肘、手首、股関節、膝、足首)、

スポーツ外傷など

オスグッド・シュラッテル病、シンスプリント、ジャンパーズ膝、

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)、アキレス腱炎、

グロインペイン(股関節痛)、テニス肘、野球肘、

野球肩(リトルリーガーズショルダー)、TFCC損傷、腱鞘炎、突き指、

ぎっくり腰、寝違え、四十肩(健版損傷、肩関節周囲炎)など

各種健康保険の適用例

交通事故治療

事故直後は何ともなくても、早い人で数時間、遅い人でも数日~数週間後に症状があらわれます。

直後に痛みがないからと言ってそのままにしてしまわないでください!

交通事故では「むち打ち※」が代表的な症状ですが、実はそれだけではありません。

頭痛・神経痛・自律神経障害・天気による症状の変化など、多岐にわたります。

※むち打ちは正式には、「頚椎捻挫」「頚部損傷」「外部性頚部症候群」などとよばれます。

「むち打ち」はおもに自動車の追突、衝突、急停車などによって首が鞭のようにしなったためにおこる症状を総称したものです。

頚部捻挫とは首の関節の軟部組織(靭帯や筋肉など)であり、レントゲンに写らない損傷のことです。

病院では交通外傷の特別な治療は行っておらず、その治療は柔道整復師の専門分野です。

当院では専門的な交通事故治療を行うことで、自覚のある部位だけでなく、骨盤~背骨、その他の関節の状態を確認し、神経バランス(自律神経系・運動神経系)を整えながら、全身の機能改善を目指していきます。

交通事故に遭われてしまった場合、大切になってくるのが、早期の治療と継続的な治療です。

しかし、救急車で搬送された病院や事故現場の最寄りの病院では通院もままならず、治療を断念される方も多いはずです。

状態によっては、そのまま放置してしまい症状が慢性化し、結果的には後遺症として肩こりや腰痛をひきおこすものや、怪我などでも機能障害を残すことも少なくありません。

また、負傷時の衝撃やショックなどから精神的に落ち込みを感じ、患部を含め全身的な症状を訴える方も多くいらっしゃいます。

エナジースペースまるいわ整骨院では詳細な問診を行い、リハビリを中心に心理的アドバイスや精神的ケアもしつつ、症状の改善に全力を尽くします。

自賠責保険を使った交通事故の治療が受けられます。

自賠責保険とは、自動車損害賠償保障法(自賠法)に基づき、自動車の運行による人身事故の被害者を救済するために、すべての自動車について契約することが義務つけられている強制保険です。

そのため、患者様も必ず適応されます。被害者保護の立場から社会保障的な性格であり、大量の請求を迅速かつ公平に処理する必要性から、定型・定額化された支払基準が定められています。

交通事故の自賠責保険適用の場合、例外もありますが基本的には施術を受けられる方の負担はありません。

・病院・他医療機関に通院中の方もご相談ください

労災

労働中のケガなどに関しては健康保険の適用外となり、労災が適用されます。

通勤途中の災害も労災に含まれますので、不明点などありましたらご相談ください。

労災